【空で得する雑学】知っていると為になる!飛行機の雑学!!




みなさんは飛行機好きですか?

機内から見下ろす景色、壮大で素敵ですよね。

そんな飛行機の、知っていると少しお得な情報をお伝えします。

 

トイレの中には、あるものがある!?

多くの公共交通機関もそうであるように、飛行機内も禁煙です。

他の乗り物よりも火災による被害は大変なので当たり前ですよね。

しかしそれに反して灰皿が置かれているのです。そしてその場所がトイレなのです。

なぜトイレかと言うと…隠れてタバコを吸いやすい場所だからという理由です。

禁止にしていてもルール違反をしてしまう人は残念ながら存在します。

万が一タバコを吸ってしまったのなら、きちんと火は消してほしいですよね。

その為に、灰皿を設置することが義務の一つとなっているそうです。

 

 

 

何の為に夜になると機内の電気を消灯するの!?

飛行機に乗ると眠たくなりますよね。

明るい内は大丈夫ですが、夜になると電気も消されて「もう就寝時間か」なんて思っていませんか?

ですが実はこれは、就寝の合図や寝やすくする配慮ではなかったそうで

非常事態が起こった場合に備えている」そうです。

驚きですよね、おそらく多くの人が寝る為だと思っているのではないでしょうか。

もし、なんかしらの理由で飛行機から脱出しないといけない場合の為に、

あらかじめ暗くしています。

つまり、目を慣らしているのですね。

 

着陸したときの衝撃は必要なものだった!

飛行機の離着陸のときの衝撃は本当に凄いです。

シートベルトをするように言われるのも当然ですよね。

特に着陸は恐いという声も聞きますから、苦手な人も多いのではないでしょうか。

ですがそれは…乗客のためだったのです。

衝撃が加わるように、あえてドスンと着陸させることによって効率的に減速できる、という理由があります。

「このパイロットは運転が下手だ」なんてことはないので、安心して身を任せましょう。

 

飛行機には面白い話がたくさんあります。

雑学を知っていると、得意げな気分になれますよね。

ぜひ次回飛行機に乗った際、灰皿があるかどうか確かめてみてください。