【バーコードの雑学】バーコード13桁目の数字、チェックデジットの秘密!?




今や私たちの生活において、

バーコードは様ざまなものや場面に利用されているのを目にします。

そのバーコードには数字が書いていることを、

皆さんご存知だと思います。

ところでこの数字、何を意味しているのか皆さんご存知ですか!?

実は13番目の数字には大切な役割があるのです!

今回は、ついつい電卓片手に計算してみたくなる!

そんなバーコードの雑学を紹介します。

みんな知らない!?バーコードはとある信号から誕生した!!

バーコードはどのように発明されたのでしょうか?

実はバーコードは、とある信号を元に開発されたものでした。

その信号とは、モールス信号。

シンプルな構成なのですが、組み合わせが無限にある、

そんなモールス信号を視覚化できないだろうか、

こんな発想からバーコードが開発されました。

バーコードの特徴ともいえる、白と黒の線を説明します。

この白と黒の線は、それぞれ数字を表しており、

発明された当初は、どの方向からも読めるよう、

丸い形をしていました。今とは全く違いますね。

その後、長方形のバーコードになり、

さらにQRコードのような2次元バーコードへと進化していきました。

バーコードの数字を使い、ある計算をすると必ず10の倍数になる!?

商品に割り当てられるバーコードの数字は、12桁あります。

左から2桁が国名を、その右の5桁がメーカー名を、

またその右の5桁が商品名を表しています。

さらにその右側、最後につけられる数字が「チェックデジット」です。

13桁のバーコードにはある法則があります。

(左から奇数桁目の数の和)+3×(左から偶数桁目の数の和)を計算し、

それにチェックデジットを足すと必ず10の倍数になります。

(※奇数桁目の数の和にはチェックデジットは入れません)

逆に言うとこの計算結果が10の倍数になるよう、

チェックデジットを決めているのです。

上のバーコードを使って電卓で計算してみましょう!

(5+1+3+5+7+9)+3×(0+2+4+6+8+0)+0=90計算の答えは90。

ちゃんと10の倍数になりましたね。

みなさんがお店のレジで会計をしているとき、

バーコード端末は大忙しです。

バーコードを読み取り、足し算の答えを出し、

それが10の倍数になれば商品情報を表示する、

ならなければエラー音を出す…、

と文字におこすとこんなにも長くなる作業を、

一瞬で行っているのです。

正しく読み取れているかをチェックする数字を、

バーコードの中に置くというアイデアは素晴らしいですね。

みなさんもぜひ電卓片手に、

色々な商品についているバーコードで計算してみてください。