【お絵かきで簡単!】あなたの絵で心が丸わかり!?バウムテストをご紹介!




性格診断と聞くと難しい感じがしませんか?

心理学でいう性格診断はさまざまなものがあります。

病院で使われているものもあれば、ごく簡単なものまでピンからキリまであるのです。

今回は数少ないけど簡単!?な性格診断をご紹介します。

 

これだけ? 「実のなる木」だけで大体の性格がわかる?

最初に実のなる木を書いてください

この指示から始まるのが、バウムテストと呼ばれる投影法を用いた性格診断です。

性格診断というと大げさに聞こえますが、要はその時のその人の状態を表しているのです。

主に気持ちや感情を言葉にすることが、難しい子どもなどに使われることが多い方法ですね。

少しでも心理学に興味を持ってもらえるように、

大学のオープンキャンパスでもやっているので、気軽にできます。

ちなみに私はその係になったことがあります(笑)

 

注目するのは、

実の大きさ」「」「」「」「紙のどの部分に描かれているか」「筆圧」など

言葉ではないまさしく印象から読み取ることができます。

大勢でやってみて、それぞれ印象を話し合うのも楽しいですね。

木以外でも地面や空、生き物を書いてもOKです。それに実在しない木でもいいんです。

そういったことが一つ一つ、書いた人の内面を写し出している、

という考え方が投影法と呼ばれるものです。

 

印象の読み取り方って難しそう

一言に印象を読み取る、なんて言われても…、という方もいらっしゃいますよね。

この絵を全体的に見たとき、直感的に何を思いますか?

太い幹でしっかりしているな、どっしりした木だな、

デッサンみたいだな、寂しい感じがするな…といったころでしょうか。

この絵を描いた人は胸を張って立っていてしっかり者で真面目、という印象が読み取れます。

 

この絵を見て気付いたところはありますか?

・ウロがある

・紙からはみ出ている、葉が波線

・真ん中に大きな木

・根が土に埋まっている  etc…

まず目につくのはウロですね。幹も丁寧に描かれています。

のびようとした枝が折れたのか、誰かが切ったのかもしれません。

木はそのままその人の心を表すので、何らかの傷があると解釈できるでしょう。

でも、リスが住んでいそうなウロになっているということはその傷を乗り越え、

立派な実をつけるまでに成長したともいえます。

この木の位置は、自信の現れと精神の安定を表しています。

実の大きさは可能性を表し、目標を達成した証しです。

この人の今の状態は傷つきながらも目標を達成し、のびのびとしているということですね。

 

今回のまとめ

どうでしたでしょうか?

今回ご紹介したのは、簡単で誰でもできるようなものでした。

ですが本来は心理学で使われるものなので、

心の傷など無意識で表れてしまうこともあります。

心の傷を周りに明かさなくてもいいですが、

指導する人が指摘するかしないかで、その場の空気は変わります。

今回の場合は「リスが住んでそうだね」などの指摘方法ですね。

子どものお絵かきで何か気になることがあるのでしたら、

専門家にみてもらうのも一つの手でしょう。

こういった投影法による心理描写は、

ベテランであればあるほどより深い分析ができます。

興味がある方は、専門書などを参考してみたらいかがでしょうか。

 

楽天市場「バウムテスト」

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88/

Amazon 「バウムテスト」

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2/357-6096517-3283344?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88