【深海の住人】醜いけれど人気者!?ビフォーアフター激しいブロブフィッシュ!




深海、それは光がとどかぬ闇の世界。

明確な定義付けはありませんが、一般的には水深200mよりも深い海域を指します。

地球上に残された最後の秘境と言われる深海、その闇の世界には皆さんも見たことのない魚たちが住んでいます。

今回は世界一情けない!?深海魚をご紹介します。

世界一醜いコンテストで栄えある1位に…。

皆さんは「世界でもっとも醜い生き物コンテスト」というコンテストがあるのはご存知でしょうか。

これはイギリスにある「醜い生き物を守る会(Ugly Animal Preservation Society)」が開催しているもので、

「かわいらしい生き物だけではなく、あまり注目してもらえない醜い絶滅危惧種にも関心を持ってもらいたい」

そんな思いが込められているコンテストです。

2013年、このコンテストで栄えある1位になったのは,

深海魚の「ブロブフィッシュ」です。

日本ではニュウドウカジカと呼ばれ、オーストラリアのタスマニア島や、

ニュージーランド周辺の海底、水深600~1,200mのところに住んでいる深海魚です。

ちなみにブロブとは、インクなどのしみ、半固体の小塊、ぼんやりした形のもの…。

あまりいい意味ではないですね。

しかし、絶滅危惧種に関心を持ってもらいたいからといって、大々的に醜いといわなくても…。

なんだかかわいそうです。

 

深海魚だってよくよく見れば可愛い!

そんなブロブフィッシュですが、実は網にかかって海上へ上がって来た直後は、

それ程なさけない顔ではありません!むしろつぶらな瞳が可愛く見えます。

ところが、30分もたつと体に異変が…。

もとのゼラチン質のブヨブヨとした体が、しだいに緩んできます。

特に大きな鼻が唇の下まで垂れ下がり、両頬もだぶつき、締まりのない顔に…。まるで別の生き物です…。

しかし、このゼラチン質の体のおかげで、ほとんど泳ぐことなく海底面からわずかに浮かぶ事ができ、

ひれなどの筋肉を動かすエネルギーを節約できるのです。

餌の少ない深海の環境に次第に適応していった結果手に入れた、最適の体なのです。

実物はだらしない顔で、怖い印象のブロブフィッシュですが、

ゆるキャラブームに乗って「案外可愛い」の声もちらほら。

そのブームに乗って、ついにぬいぐるみもできました(笑)恐るべし、キモカワ!!

皆さん、いかがでしたか。深海魚のイメージが少しは変わったのではないでしょうか。

街中でぬいぐるみをみたら、ぜひお手に取ってみてください!