【生物の雑学】カメレオンの色が変わる不思議!?その秘密は!?




カメレオンが体の色を変化させることは、ほとんどの人が知っていると思います。

しかし、その色の変化がなぜ起こるのかは、あまり知られていないと思います。

そこで今回は、カメレオンが体の色を変えるのはどうしてか?

また、どうやって変えているのかをご紹介したいと思います。

カメレオンは、何のために体の色を変えるの!?

カメレオンが、体の色を変えるのは、背景にまぎれて敵から自分の身を守るようにしている・しとめたい獲物に気づかれないよう近づくためです。

しかし、最近までは知られていませんでしたが、違う状況でも体の色をかえています。

どの状況下において変化するのか、①オスがメスへのアピールするとき、②ストレスを感じているとき、③的を威嚇(いかく)するとき、ケンカをしているとき」、このような状況のときでも色を変える性質があるのです。

カメレオンは、感情で色を自由にあやつる、デリケートな生き物なのです。

どうやって、体の色を変えているの!?

カメレオンは、肌の色を自由自在に背景の色にあわせて変えています。

と言いたいところですが、実はカメレオンの肌は色がついていないのです。

実際には透明なのです。

皮膚の下にある虹色色素(細胞)の中に多く入っているナノ結晶が光を反射して、体の色を変えているように見えるのです。

ナノ結晶は外から受けた光を皮膚の奥から、上手に反射させて色の加減をしているというわけです。

なので、皮膚自体が色を変えているわけではないのです。

見ている限り、皮膚の色が変化しているように見えるから不思議です。

また、カメレオン以外にも虹色色素をもっている動物は存在していますが、光を反射させて、その光を変化させ色を変えるように見せるのは、カメレオンしかいないのです。

 

カメレオンの秘密って不思議なことが多くて驚きますよね。

もしかしたら、まだまだ秘密をもっている動物なのかもしれないですね。

今後も何か発見があれば記事にしたいと思います。