【生物の雑学】まさかのカラー!?タコやイカの血液の色とは!?




多くの食卓で目にすることがあり、わたしたち日本人にはなじみ深い生き物タコやイカ。

お刺身としていただくときには真っ白な見た目が美しく、皮のついたままあぶったり焼いたりすれば鮮やかな赤に変わりますよね。

このタコやイカが生きている間、その体の中を流れる血が何色か、皆さんご存知でしょうか?

今回はそんなタコとイカについて記事にしていきたいと思います。

タコやイカの血液はブルー!?

私たち人間の血液は言うまでもなく赤色をしています。

なぜ赤色なのかと言えば、それは赤血球に含まれているヘモグロビンというタンパク質に原因があります。

ヘモグロビンは酸素と結合しやすい性質があり、血液中で酸素の運搬をいう役割を担う物質です。

このヘモグロビンが酸素と結合すると鮮やかな赤色、酸素と結合していないときでも暗い赤色になります。

このため、私たちの血液は赤色に見えているのです。

ほとんどの脊椎動物は人間と同じようにヘモグロビンを持っており、血液は赤色なのです。

ところが、タコやイカなどの軟体動物は血液が青いのです。

これは、人間が酸素を運ぶために利用しているヘモグロビンの代わりに、軟体動物ではヘモシアニンという物質を使っているため、ヘモシアニンが酸素と結びつくと青色になってしまいます。

他にも甲殻類などの節足動物もヘモシアニンを血液中に持っているんです。

その為、エビやカニの血液も青い色をしています。

普段の生活で青い血液はなかなか見られない!?

スーパー等で、タコやイカを買ってきて自宅で解体したら、まな板の上が真っ青になった経験がある人を聞いた事があるでしょうか。

おそらくご経験をされた方はあまりいないと思います。

ヘモシアニンは酸素と結びついたときに青色になる為、酸素のない環境では透明なのです。

水揚げの後、時間が経って死んでしまったタコやイカの体内からは酸素が失われてしまっています。

その結果、ヘモシアニンは酸素と結びつくことができず、透明になってしまいまうのです。

ご家庭のまな板が青く染まらないのはその為なのです。

とても鮮度がよく、ついさっきまで生きていたようなタコやイカなら真っ青な血液を見ることができると思います。

もし新鮮なものが手に入ったら、一度血液チェックしてみてはいかがでしょうか。