【ちゃんとチェック雑学】ワシとタカはどう違う?大きさだけじゃなく、あの部分もチェック!




「あれは、ワシ?タカ?」と空を見上げて疑問に思った経験ありませんか?

知らなくても特に生活に支障はありませんが、知っていればちょっと自慢ですよね。

そんなハナタカ希望のあなたのために両者を見分ける方法を調べてみましたよ!

 

ワシもタカも生物学的には同じ

ワシとタカは似ていて当たり前。

なぜなら生物学的に猛禽類という同じ種類になるんです。

ちなみに「タカ目タカ科」というくくりになるらしいですね。

 

ワシとタカを見分ける一番の方法

ワシとタカの一番の違いといえば、両者の大きさ。ちなみに「大きいのがワシ」「小さいのがタカ」です。

ワシの大きさは全長80㎝~100㎝。タカは60㎝前後と、ワシに比べて少し小ぶりなんですよ。

とはいえ、飛んでいる鳥の「80㎝」と「60㎝」の見分けがつくかといえば、

難しいところですよね。

ワシとタカの両方が飛んでいてくれれば、大きさの比較もできるかもしれませんが。

しかも、ワシとタカも種類によっては大小が異なり、小柄なワシや大きめなタカも存在するようです。

こうなってくると、大きさで判断するのはお手上げですね。

 

ワシとタカを大きさ以外に見分ける方法とは

ワシとタカを大きさ以外に区別する方法はあるんでしょうか。

実はありました!

①尾が違う

ワシの尾がまっすぐ伸びているのに対し、タカの尾は丸く広がっています。

②足が違う

ワシは足が太く、タカは足が長いようです。

 

ワシとタカ以外にトンビもとってもよく似てる

さて、ワシとタカ以外にもう一匹よく似た鳥がいます。

それはトンビ。油揚げをさらうことで有名な鳥ですね。

トンビも、ワシやタカと同じ猛禽類で、やはりとても似ています。

大きさも尾の形もタカとよく似ており、ただ空を飛んでいるだけでは区別が付けにくいかもしれません。

しかし、トンビは鳴き声に特徴があり、「ピーヒョロロ」と鳴けば、「あ、トンビだ」と見分けることができますよ。

 

まとめ

結局のところ、ワシとタカをパッと見分けるのはかなり至難の業のようですが、

大きさ以外に見分ける方法を知っておくと、ちょっと自慢できそうですね。