【不動産の雑学】不動産物件の徒歩○○分と書いてあるのは本当!?




不動産を購入したり借りたりするときに、一番気になるのは、「駅からどのくらいの距離なのか?」ですよね。

不動産の広告には必ず「駅から徒歩○○分」と書かれています。

不動産屋がそれぞれ勝手に書いているのではなく、「徒歩○○分」の算出基準は決まっているのです。

一体どんな算出方法なのでしょうか?

今回はそんな不動産屋の雑学を記載していきたいと思います。

徒歩○○分は1分間で80m!

不動産屋の「徒歩○○分」の算出方法は、徒歩1分=80m歩く距離と決まっています。

80mであれば大人の女性でも十分歩ける距離ですよね。

でも80mって少し中途半端な気もします・・・。(笑)

しかし不動産広告の時間だけを見て遠い、近いを判断するのは注意が必要です。

それはなぜか?

広告に載っている時間の表記は、駅の出入り口~物件の出入り口までの距離で表記しているからです。

その際には、信号や坂道だったりは考慮されず、距離だけで「徒歩○○分」と書かれています。

大規模のマンションの場合、駅出入り口~駅出入り口の一番近いマンションの棟の出入り口までの距離が、「徒歩○○分」になりますので、自分の住む棟がそれより奥の方にあると、徒歩時間もずいぶんと変わってきます。

本当に距離を測っているの?

駅の出入り口のすぐ側にあるマンションでは、距離が80mも無いのに徒歩1分の表記になってます。

なぜそのような表記にしているかというと、1分未満は表示されない決まりになっている為、80mなくても徒歩1分と表記されます。

その為、81mであれば徒歩2分と表記する決まりとなります。

たった1m増えただけでも所要時間が変わってしまうのも少し変ですよね。

そんな「徒歩○○分」ですが、不動産屋は本当に駅出入り口から物件出入り口まで歩いて、

徒歩でかかる時間を測っているのでしょうか。

ちゃんと歩いて測ると、信号待ちや踏切でその都度時間が変わってきます。

その為、不動産屋は地図上で測っていることが多いのです。

地図で測ると通れない道や、地図上ではわからない近道があったりする為、実際に歩くのとは所要時間も変わってくるので注意が必要です。

不動産屋に書いてある、「徒歩○○分」という所要時間は騙しているわけではありませんが、広告は大体の目安と考えて、最終的には自分の足で歩き現地を見て確認する事が一番確実なのです。

何事も自分で確認する事が何よりも大切なことなんですね!

もし家をお探しの方がいらっしゃったら参考にしてみてください。