【思いのこもった雑学】5円玉に込められた人々の思いとは!?




5円といえば、外食やスーパーでの買い物などの支払い以外では、

神社のお参りでお賽銭に投げ入れることが多いと思います。

なぜ5円が好まれるのでしょうか。

今回は5円玉とその模様についてご紹介します!

 

5円が好まれる理由

5円と「ご縁」の語呂合わせからきているようです。

また中央に穴が空いていることで、

見通しがいい」という意味も踏まえてよくお賽銭に使われるものと考えられます。

会田道人氏の著書である「神社の謎」によると、

5円(ご縁)、11円(いい縁)、20円(二重に縁)、25円(二重にご縁)、

41円(始終いい縁)、45円(始終ご縁)が縁起のよいお賽銭であると述べられています。

中にはお守りとして5円を持ち歩いている人もいるので、

単なるお金ではなく、思いや願いがこめられた大切なお金であるように感じますね!

 

5円硬貨のはじまり

5円玉は明治初期の1948年、表面に国会議事堂、

裏面に梅の花と鳳凰が描かれた硬貨としてつくり変えられました。

戦争での敗戦とインフレーションにより、

硬貨の重量を減らさざるを得ない状況だったためのようです。

その使用された材料は、火薬をつめるための筒でもある大砲の薬きょう。

国中が焼け野原になっていたこともあり、

平和に暮らせますように」という願いをこめた材質を使い、

産業が盛んになって豊かになりますように」と願いが模様にこめられていたようです。

また戦前の5円は、家を建てるほどの価値があったと言われています。

 

現在の中央に穴が空いた形状へ

その後、材料費を削減する必要が生じたため、

1949年に中央に穴の空いた形状の5円に変わることとなります。

これはフデ五とも言われ、1958年までつくられたもので、

明朝体で文字が書かれているのが特徴です。

1959年から形状は同じで、文字の書体が現在(2017年)流通しているゴシック体になります。

模様は戦後の復興を願い上部に農業を表す稲穂、

中央の歯車は工業を、下部は水産業を表した海が描かれているのが特徴です。

 

自動販売機などで使えないので利便性がないと思われるかもしれませんが、

5円には金額以上の価値があると思いませんか?

今まで以上に5円に興味を持ってもらえれば幸いです。