【ハイジャックの雑学】ハイジャックは飛行機を乗っ取るという意味だけじゃなかった!




ハイジャックというと、日本では飛行機を乗っ取る意味で使われています。

実は、車や船を乗っ取ることもハイジャックといいます。

今とは全く違う意味で使われていた

「ハイジャック」という言葉の由来を紹介したいと思います。

 

ハ~イジャック!流行りの名前が犯罪の手口に使われてしまった!?

ハイジャックの言葉の由来は1919年までさかのぼります。

この年にアメリカで禁酒法が制定され、

お酒が密輸、密売されるようになりました。

そして密輸したお酒を運んでいる車を強奪する事件が多発したのです。

その犯行手口は運転手に「ハ~イジャック!」声をかけて油断させ、

車ごと乗っ取るというもの。

そこからハイジャック=乗り物を乗っ取るという意味の、

hijackという英語の動詞ができました。

ではなぜ強奪犯は「ハ~イジャック!」と声をかけたのでしょうか?

当時、アメリカではJackという名前はとてもポピュラーでした。

そこからJack=若い男の人という意味で使われるようになりました。

「Hi Jack!」は日本でいうよお、にいちゃん!みたいな感じで、

若い男の人に声をかける時の言葉だったのです。

日本にこの言葉が入ってきた時、

飛行機がハイジャックされたニュースで使われました。

それを見た日本人が、HiをHighだと勘違いし、

高い所を飛ぶ飛行機を乗っ取ることが、

ハイジャックだと思ってしまったのです。

もとは流行りの名前、気軽な挨拶だった言葉が、

今では飛行機を乗っ取る意味で使われているのです。

まさに言葉は生き物ですね。

飛行機の座席番号にIを使わないのはハイジャック防止のため?

 

飛行機の座席番号は横の列をAからKまでのアルファベット、

縦の列を数字で表しています。

しかしアルファベットのIの文字は使われていません。

その理由は何だと思いますか?先に正解を言ってしまうと、

Iは数字の1と見分けがつきにくいからです。

このクイズに神解答を出したのが、

ドラマ相棒に出演している、

お隣部署の課長でおなじみ山西惇さんです。

HIJKというアルファベットの並びがハイジャックを連想させるから

さすが課長!素晴らしい発想ですね。

これを正解にしたいぐらいの神解答です。

飛行機に乗ったとき、飲み屋さんで、

「これ知ってる?」といってどや顔で語りたいのは、

山西惇さんの答えの方です。

雑学というのは案外そういうものかもしれませんね。