【謝罪は大切に雑学】使い方では加害者に!?“ I’m sorry.”は危険な言葉!




最近では英会話を習う人が多く

英語が小学校の授業に取り入れられてきているくらいです

テレビの教育番組も多彩で英会話学校やインターネットなど、

あらゆる手段で英語に馴染む場が多くなってきました

全く英語が苦手という人だってThank you.”“Im sorry.”は誰でも知っており

使いやすい言葉で海外に行って出会った人や

日本にやってくる外国人の人々にすぐ口から出せる言葉ですね

でも皆さんそのIm sorry.”という言葉

使い方によってはとんでもない事態になるってご存知でしたか!?

実はその言葉は海外ではとんでもない事態に陥る引き金になりかねないのです

今回は知ってて損しないImsorryに関する雑学を紹介します

まさかの全面加害者に!?Im sorry”の使い方は難しい!

私たち日本人はごめんなさいすみませんという謝罪の言葉を日々口にします

自分自身に非があったら謝るこれは当然の事です私もいつも誤っています…、はい

でも不意にすれ違いざまに肩がぶつかってしまった場合など

特に自分が悪いと感じなくてもすみませんという謝罪の言葉を口にしていませんか

これは日本特有の文化で私達日本人同士であれば

円滑な人間関係を保たせるために役立っているのです

しかし海外ではそうはいきません

海外ですみません言ってしまうとその意味は

ごめんなさいという謝罪の意味だけではなく

私の過失です私に責任があるので謝罪しますという意味なのです

例えば海外で交通事故に巻き込まれIm sorryという言葉を

一言言ってしまったがゆえに本当は被害者あったとしても

裁判に負けて責任を負わされ損害賠償を払わなければならなくなった

という事例も少なくないのです

私達はちょっとその場の雰囲気が悪くなるのを避けるために

すみません言うことがあります

そしてその言葉をクッションにしてその後に自分の思うところを話したり

説明することもあるでしょう

でも海外では責任を負いますという意味に取られるのでむやみに言えない言葉なのです

ある国では些細なことでもすぐに訴訟という事も日常茶飯事のようです

思ってもいないようなことに賠償を支払わせたり責任を負わされたりしたらたまりません

普段はあまり気にしませんが日本人は感謝の気持ちを表すのにすみません言っています

例えば何か物をもらった時にすみませんと言っている人はいませんか?

英語にして考えてみてください

何かもらってIm sorry言うでしょうか?

それはどこか変だとお気づきでしょう

どんなに英会話が上手な人もまったく英語が話せないという日本人も同じです

文化の違いによる言葉のニュアンスの違い

受ける感情というのは知っておかなくてはなりません

そうすることで海外に行ってその現地の人と円滑にコミュニケーションをとることができます

日本で暮らす海外から来た人達とも誤解が生じることなく

円滑な人間関係を保つことができます

互いの文化の違いを理解し誤解が生まれることなく

様ざまな国の人々と交流していきたいですね