【面白雑学】霊長類最強候補の一角はカバ!?




地球において、一番強い生き物は何かと聞かれたら、皆さんは何を想像するでしょうか。

強そうなイメージの動物は沢山居ますが、今回紹介する「カバ」は、その外見からはあまり想像できないほどの、パワーとスピードを持ち合わせています。

今回は、そんなカバ最強説にまつわる雑学をご紹介します。

体型

とぼけたイメージがあるのですが、実はかなりのいい体格をしています。

大きいもので、全長5メートル、体高1.5メートル、体重は4tにもなります。

意外にも足がものすごく早く、時速40キロで突進してきます。

ウサイン・ボルトが時速37.6キロなので、想像してもらうとその速さが分かると思います。

4トンのカバが、これ以上のスピードで突っ込んでくると、衝撃はハンパないでしょう。

攻撃方法は体当たりだけではなく、強力な牙を持っています。

150度近くまで口開き、強力な牙で噛みつきます。

その噛むチカラも強く、ライオンやワニを真っ二つするのだとか。

 

性格

カバは、そのユーモラスな体の形や、大きな口を開けて呑気にあくびをする様子から、のんびりした優しい印象を持たれますが、実際はかなり獰猛で危険な動物です。

あくびのように大きく口を開けるのも、彼らにとっては敵を威嚇する行為です。カバは臆病で目が悪く、縄張り意識も強いため、誰彼構わず襲いかかる習性があります。

アフリカでは、人を殺した回数は、ライオンを抑えてカバが1位になっています。驚きですね。

さらに、縄張り内でリーダーが代わった場合には、現リーダーが先代のリーダーの子どもを殺してしまう「子殺し」が行われることもあるそうです。

普段は温厚そうですが、怒らせるとかなり凶暴なんだとか。

 

カバがワニを食べる衝撃的な動画です笑

動物園に行く機会がありましたら、じっくり観察してみてください!!