【ギッザギザの雑学】ギザ10と呼ばれる10円は価値があるのか!?




ふちがギザギザの10円を見たことがあると思いますが、

なぜギザギザになっているのかご存知でしょうか?

また集めれば、高値で売れるという噂を聞いたことがあるかと思います。

今回はそんな疑問について、

ちょっとしたおまけも含め、ご紹介します。

 

ギザ10とはどうしてできたのか!?

まず10円は1951年につくられ、

1959年製造の10円からふちのギザギザが消えています。

理由は10円、50円、100円のふちにギザギザがついており、

一番価値の高いものだけにつける流れがあったためと言われています。

(※後にこの流れはなくなります。)

これは金貨や銀貨があった時代に、そのふちを削って売る人がいたため、

それを防止するためにギザギザをつけていたとされています。

模様は数字の面がリボン付きの常盤木、

反対側が世界文化遺産に登録されている京都府宇治市の平等院鳳凰堂になり、

その周囲には唐草模様が描かれています。

選定理由について、公式資料によると日本の代表的な文化財で、

特徴があるからとの情報しかないようです。

明確な理由は数字の面もそうですが、

当時の資料や文献などの情報がないので、残念ながら不明となっています。

また世界文化遺産に登録されている阿弥陀如来坐像も同じ場所に存在しており、

源定朝が造った中で唯一現存している点も特徴です。

 

ギザ10は高値で売れるのか!?

1958年につくられたギザ10は、

その中でも一番製造枚数が少ないので高い価値がつけられているようです。

ただしどの硬貨にも言えることかもしれませんが、

未使用品でないと期待する額には届かないのが弱点です。

 

10円はソースで汚れが取れるのか!?

5円もそうですが、銅でできている金属であればソースで汚れが落ちます。

ソースに限らず、ケチャップやポン酢などの酢と塩を含む調味料が適しています。

レモン汁などの酸性のものだけだと、期待した効果が出にくいようです。

他には金属磨き粉でも汚れを落とすことができるようです。

ギザ10だけでなく、10円の汚れの落とし方も紹介させて頂きましたが、

特に気になる点はギザ10じゃないでしょうか。

 

未使用品でなくとも、

それに近い状態のものであれば高値で引き取ってもらえるかもしれませんね。

皆さんの周りにギザ10を持っている人がいたら、教えてあげてみてくださいね。