【から揚げ雑学】竜田揚げとから揚げの違いとは!?




鳥のから揚げ、竜田揚げ…。

大好物だという方、たくさんいらっしゃるでしょう。私も大好物です!

さまざまに工夫されて、美味しい人気店なんかもあちこちに誕生しています。

ところで皆さん、この二つの料理の違いを明確に答えられるでしょうか?

今回はから揚げと竜田揚げの違い雑学をご紹介します!

なんと調理法が違っている!?から揚げと竜田揚げの違い!!

皆さんはから揚げと竜田揚げ、どちらの調理も、

鶏肉を熱した油でカラっと揚げた料理と思っていませんか?

じつはこの二つ、調理法に大きな違いがあったのです。

どのように違っているのか、さっそく見ていきましょう。

 

から揚げの調理法、それは!何もつけずに油で揚げる!?

まずはから揚げの調理法から見ていきましょう。

そもそも「から揚げ」とは、小麦粉を食材につけ、

下味や味付けをせず、油で揚げる調理法のことを言います。

皆さんは「から揚げ」と聞くと、鳥肉のから揚げを想像しますよね。

けれども、野菜だろうが魚だろうが、小麦粉を食材につけ、

油でカラっと揚げた料理は「から揚げ」になるのです。

「から揚げ」という調理法自体は、江戸時代から存在したました。

当時、この料理は「から揚げ」とは呼ばず、「てんぷら」と呼ばれていました。

私、てんぷらも好きです!

その後、昭和7年に中国から伝わった、鳥肉を油で揚げた料理をヒントに、

「若鳥のから揚げ」が作られました。

これが現代の食卓に並んでいる、から揚げとなったのです。

竜田揚げの調理法は、下味をつけて揚げている!

「竜田揚げ」の語源はいくつかの説があります。

紅葉で有名な奈良の竜田川からきている説と、艦船の「龍田」の名前から名づけられた、という説。

一つ目の紅葉説は、肉に下味をつけて揚げるので、「から揚げ」よりも色が濃くなりますよね。

これが紅葉に似ていたのです…、不思議ですね(笑)

二つ目の艦船「龍田」説は、海軍が小麦粉ではなく、片栗粉をまぶして揚げていたからという説です。

龍田で揚げたから竜田、単純ですが語呂がいいです。

「竜田揚げ」も、鶏肉だけではなく、タコの足や、豚肉なども、下味をつけて揚げると「竜田揚げ」になります。

戦後、鯨の肉に下味をつけ、揚げた「鯨の竜田揚げ」なんかが有名ですよね。

一般家庭の食卓に竜田揚げ並び始めたのは、アメリカからブロイラーの技術が入り、

量産されるようになってからです。

今では「から揚げ」の調理に、下味をつけたり、片栗粉を使ったり、「竜田揚げ」のレシピで、

小麦粉を使うレシピも多く発表されています。

このように、「から揚げ」と「竜田揚げ」はあまり区別されなくなってきたようです。

料理の可能性は無限大!幅が広がったようです!

 

皆さんいかがだったでしょうか。今晩のおかずは決まりですね!