【コアラって本当は雑学】走ります、喧嘩もします、サバイバル能力も有ります。




愛らしくておっとりして無防備で、危険性なんて全くない。あのずんぐりむっくりした体をぎゅっと抱きしめていたい。

私たちがコアラに抱くイメージってこれですよね。でもそれだけでは無いんです。

水も飲まずに、有毒植物を食べても平気な究極のサバイバー?

コアラと言う名前は、オーストラリアの原住民アボリジニの、「水を飲まない」を意味する言葉から来ています。

コアラの主な食糧であるユーカリの葉は、非常に水分を多く含む植物なので、直接水を飲まなくても必要な水分を摂取できてしまうのです。

コアラが水を飲むところを見たことが無いので、アボリジニの人々はこんな名前を付けたのでしょうね。

ところがこのユーカリ、繊維質で固い上に栄養素もとぼしく、なによりも有害な青酸を含んでいます。

それを主食として食べられる秘密は、コアラの2メートル以上という長い盲腸にあります。

この盲腸には、ユーカリの葉を消化できるバクテリアや、葉の毒素を体に害の無いものにする酵素があり、食べたものを、ゆっくりと時間をかけて消化吸収しています。

水も飲まずに、他の動物が食べられない有毒植物を食べて生きていける。

結構すごくないですか?ひょっとしたら究極のサバイバーかも?

お昼寝中、と言うか1日に20時間も眠っています。ひたすら省エネにつとめています。

こう見えて、案外運動能力はあるんです

ところで皆さんはコアラの走る姿って想像できますか?実はコアラも走るのです。

それも結構速く。およそ時速25kmと言いますから、一般的な成人男性が全力で走るのと同じくらいの速さです。

オーストラリアで、酪農家の女性が乗っているバギーを、後ろから猛然と追いかけて来るコアラの姿が、映像に記録されています。

最後には追い付いてタイヤにしがみつき、女性をバギーから追い出してしまいました。

喧嘩もします、取っ組み合いの。こちらも映像が残されていますが、人間のアマチュアレスリングにそっくりです。バックを取ったり、フォールを決めたり、派手に投げ飛ばしたり。

いつもなら、吠えられて追いかけまわされている犬がそばにいても、気にもしません。

犬の方が迫力に圧倒されて寄りつけないほどです。「見くびってもらっちゃ困る」って言いそうですね。

こんな格好で走ります。競争したら…多分負けます。

コアラの意外な一面をご紹介しました。野生動物ですものね、たくましさもなくっちゃ生きていけない。