【車の雑学】知ればスッキリ!ナンバープレートの意味




ナンバープレートは、その内容や色で車の所有者や車体情報が変わることはご存知でしょうか?

今回はそんなナンバープレートの情報について紹介します!

 

基本的な役割

ナンバープレートは所有者の個人情報や車種、用途などの情報が紐づけられています。

下記に記す色によって内容が変わります。

 

ナンバープレートの色

実はナンバープレートの色は、

車の種類で色が変わっているのです。

〇白色背景に緑色文字は、自家用自動車、消防車やダンプカーなどの商用車

〇緑色背景に白色文字は、トラックや観光バスなどの貨物や旅客輸送するための営業車

〇黄色背景に黒色文字は、自家用軽自動車と商用の軽自動車

〇黒色背景に黄色文字は、営業用軽自動車

〇青色背景に白色文字は、外交官が使用する外務省用車

意外と種類が多いのです!!

 

ナンバープレートの文字【上半分】

ナンバープレートの上半分は左から登録地、登録した自動車の分類番号になっており、

分類番号は先頭の数字によって変わります。

〇1はトラックなどの普通貨物車

〇2は乗車定員が11人以上のバスなどの普通乗合車

〇3は乗車定員が10人以下の普通乗用車

〇4と6は小型バンや小型トラックなどの小型貨物車

〇5と7は乗車定員が10人以下の小型乗用車

〇8はパトカーや消防車などの特種用途自動車

〇9はフォークリフトや除雪車などの大型特殊自動車

〇0はダンプカーやクレーン車などの建設機械

これまた種類が多い!!

 

ナンバープレートの文字【下半分】

ナンバープレートの下半分は左から用途の種類、一連指定番号になります。

用途の種類はひらがなで意味が変わります。

〇営業車は「あ、い、う、え、お、か、き、く、け、こ」

〇自家用自動車は「さ、す、せ、そ、た、ち、つ、て、と、な、に、ぬ、ね、の、は、ひ、ふ、へ、ほ、ま、み、む、め、も、や、ゆ、ら、り、る、ろ」

〇レンタカーは「れ、わ」

※「よ」は身分喪失の部類に入り、日本国籍を持たない退役軍人に与えられます。

上記で使えないひらがなが4つあります。

〇「お」は「あ」と間違えるため

〇「し」は死を意味するため

〇「へ」は屁を意味するため

〇「ん」は発音しにくいため

一連指定番号は小さい番号から順番に割り当てられます。

このとき、「42」は「死に」で「49」が「四苦」「轢く」と、

不吉な意味を持つため使用されていません。

ただし、希望ナンバー制度を使えば空きがある場合に好きな番号を指定できます

 

他の車のナンバープレートに興味が沸いてきたのではないでしょうか?クイズ感覚で見ると面白いですよ!