【マークの雑学】商品名の横にあるマークはこういう意味だったのだ!!




一度は飲料やお菓子の名前の横に、©マークがついた商品を目にしたことがあると思いますが、

これが何を意味するものであるのかご存知でしょうか?

このマーク、他にもいくつかのマークが存在するのですが、

皆さんご存知でしょうか!?今回は商品についているマークについて紹介していきます!

 

©(Copy Right)

著作権を表すマークで、インターネット上にある企業のホームページを訪問した際に、

よく企業名の横にこのマークがついています。

マークを表示するにあたり、2種類の国際条約があり、

どちらに加盟するかにより登録の手続きなどが変わってきます。

まず、万国著作権条約に加盟している国は、

著作権を表す際に必ず©マークを付ける必要があります。

これがなければ著作権の保護を受けることができないのです。

次が、べルヌ条約に加盟している国になり、日本はこちらに加盟しています。

上記と違い©マークを付ける義務がなく、申請の手続きも不要です。

著作物をつくったときから著作権の権利が発生して保護の対象となります。

中には、All Rights Reservedと表示されたものがありますが、

これは「すべての権利を有します」という意味で、これも表示義務はありません。

 

Ⓡ(Registered Trademark)

登録商標を表すマークで、これが付いているマークはすでに商品として登録してある証拠になります。

アメリカと日本ではその意味が異なる点に注意してください。

アメリカでは連邦商標法上で規定されており、

商標権の侵害などが発生した場合に損害賠償請求ができるように、

このマークを必ず付ける義務があります。

日本では商標権についての規定がないので、付ける義務はありません。

そのため、商標権の侵害などが発生すれば、裁判にて正当な判決が下されます。

ただし、登録していないものにこのマークを付けると懲役や罰金などのペナルティが発生します。

ガムやジュースでよく目にする機会がありますね!

 

TMマーク(Trademark)

登録されていない商標に用いることができます。

使用する意図は商標権の申請中または申請する前の段階、

単にお店が登録せずに、「当店はこのデザインを使用しています」

と宣言するときなどに用いているものです。

®マークの取得にはお金がかかり、

手続きをする必要があるので敢えてこのマークを用いるケースは少なからずあります。

しかし、他社や個人経営店などに商標を奪われるリスクが存在するので、あまりおすすめはできません。

 

■SMマーク(Services Mark)

TMマークと同様に権利を主張しているものになります。

こちらはホテルや運送業などの役務を提供する企業が用いる商標になります。

日本と海外ではマークの意味合いが異なる点をわかってもらえたと思います。ただし、日本では表示の義務がなくても付けている方が「あ!この企業はしっかりしているな」と感心できますよね!