【食べ物の雑学】餅つきにはそんな意味があったの!?




冬になれば寒くなり、醤油やぜんざいなどの組み合わせで餅を食べる機会が増えますよね。

餅といえば餅つきを連想できるかと思いますが、12月の終わり頃や年明けに餅つきをしている地域が多くあったのです。

今回は餅にまつわる記事を書きたいと思います。

鏡餅はどんな餅なの!?

餅つきが年末にある理由は、神様の力が宿る鏡餅をつくるためで、三種の神器の一つである「八咫鏡」をモデルにつくられています。

古来より鏡には神様が宿り、高い価値を持つものと認識されています。

衛生の観点から餅つきを実施する地域が減っていることもあり、コンビニなどで購入できる完成済みの鏡餅を使う人が増えているのです。

鏡餅はいつ飾る!?

鏡餅は28日が飾るのに適した日にちです。

8は漢字で「八」となり、末広がりで縁起の良い印象をを与えます。

神様を迎える環境を整えると、御利益を享受しやすいようです。

29日は9が「苦」の文字で、マイナスな要素を持つため敬遠されがちです。

30日は問題ありませんが、31日は一日しか飾らないので、神様を迎えるにあたり失礼な行動に当たるので控えましょう。

餅である理由!?

餅は原料が米となり、米は鏡餅の成り立ちと同じで神様が宿るとされ、神々しいものと認識されています。

餅には年神様から、健康で安全に過ごすための力となる新年の魂を分け与えてもらう意味合いがあるのです。

神様の御利益となる力が内包されている鏡餅は、包丁などで切るのではなく、開いて分けます。

鏡開き、別名を歯固めと呼称します。

硬めの餅を食べるにはしっかりした歯が必須で、長生きする場合においても重要です。

硬めの餅を食べれると、歯がしっかりしている証拠になりますね。

昔のお年玉は餅だったの!?

お年玉から連想できることは、お金になると思います。

年明けに親戚同士で集まると頂ける代物です。

かつてはお金ではなく、餅が一般的だったと言われています。

あらゆる人に餅つきでできた餅を食べてもらうことで、神様の力を享受して元気になってほしいとの思いがあったとのことです。

いつの間にかお年玉として扱われなることなく、お金に変わっていったのです。

過去を基準に考えた場合、お年玉が得られる年齢であれば、お雑煮として餅を食べる上に、お金ももらえるので一石二鳥ですね。

鏡餅を何気なく部屋に設置していた人は、改めて準備を大事にして新年を迎えられるのではないでしょうか。

友達同士で餅をお年玉として渡しても楽しいかもしれませんね。