【雑学】乳酸菌は腸に届く前に死んでしまう!?




私だけかもしれませんが、ヨーグルトのCMで流れているキーワード、
何か不思議だと思いませんか?

「生きて腸に届く乳酸菌」「腸まで届くビフィズス菌」

生きて腸に届く?腸まで届く?
それって当り前じゃないのかと私は思います。

乳酸菌は「腸に届く前に死んでいる」そんな様に聞こえるのは私だけでしょうか?

今回は、不思議な乳酸菌についての雑学を紹介します。

乳酸菌は腸に届く前に死んでしまう!?

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸に届く前に高い確率で死んでしまいます。
製品によっては、製造工程の途中で既にアウトな場合もあります。

まずは、今まで生きて腸まで届くことが当たり前と思い込んでいた事に驚きを感じます。
どうしてそう思い込んでいたのかは不明ですが・・・(笑)

では一体どういうことなのか?

ヨーグルトを食べることがいいことなのかどうか疑ってしまいますね!

では、なぜ乳酸菌は死んでしまうのか。

その理由は、1.熱に弱い。2.胃酸にも弱い。だからです。

加熱又は胃に届いた際に死んでしまうのです。

胃に届いたら死んでしまうので、食べ物に含まれる乳酸菌は絶望的ですね。(笑)

余談となりますが、牛乳は乳製品だが何故乳酸菌がいないのでしょうか。
疑問に思いますよね。

その理由とは、牛乳を製造する工程の中で高温殺菌処理をするからです。
考えてみたら当り前のことですね。

ここまでで乳酸菌は必要なのか?と疑問がさらに深まってしまった方もいると思います。

しかし、乳酸菌は死んでいたとしても問題ありません。

それはなぜか・・・

死んだ乳酸菌は腸内に住んでいる善玉菌の食事になるからです!

人それぞれの感じ方になってしまいますが・・・
生きたまま腸に届かせて新たに繁殖させるよりも、住んでいる乳酸菌を増やし強くする為のご飯とする方が効率的なのです。

その為、ヨーグルトは食べ続けることが大切ということになります。

これからもどんどん食べてください。

考えてみたら、世界的に認められている食品なので効果があるのは当たり前ですね。

他にも何かお伝えできることがあれば記事にしていきたいと思います。