【高騰しすぎ雑学】世界で一番高額なお札の正体は!?




「お金」は人が生活していくうえで絶対に欠かせません。

世界各国で通貨単位や価値の異なる「お金」ですが、

これまでに発行されたお札の中で、

1番高い金額のお札ってどれくらいなのか気になりませんか?

今回は、皆さんが大好き!?お金の疑問に関してみていきます!

 

世界で1番高額なお札はなんでしょう?

現在、日本で取り扱いのあるお札は全部で4種類です。

「1000円札」、「2000円札」、「5000円札」、「10000円札」のうち、

1番価値のあるお札はもちろん、「10000円札」です。

ちなみに、アメリカでは6種類のお札が取り扱われています。

「1ドル札」、「2ドル札」、「5ドル札」、「10ドル札」、「50ドル札」、「100ドル札」ですが、

1番価値のあるお札は、当然「100ドル札」です。

6枚もあると発行も大変ですね。

 

さて、これまでの歴史の中で1番高価なお札はどれくらいなのでしょうか?

その答えは、1946年に発行されたハンガリーのお札です。

ハンガリーはヨーロッパの中央に位置し、東はルーマニア、

西はオーストリアに隣接する内陸国です。

当時のハンガリーの通貨単位は「ペンゲー」、1927年から1946年まで使用されていました。

しかし、1939年から1945年の6年間で起こった第2次世界大戦の影響で、

ハンガリーは国力が大幅に低下し、ハイパーインフレーションの時期を迎えることになったのです。

例えば、当時1945年の郵便料金は1ペンゲーでしたが、

翌年の1946年には、なんと200万ペンゲーまで達するほどでした。

こうした、ハイパーインフレーションの時期に印刷されたお札が、

歴史上世界で1番高額なお札となったのです。

その額は、なんと「10垓」でした。

ちなみに、「10垓」を数字で表すと「1000000000000000000000(10の21乗)」となります。

想像を絶する金額です。

 

ハンガリーのようなハイパーインフレーションを日本で例えた場合、

「缶ジュースが1本あたり1億円」、「バイクが1台あたり50兆円」など、

世の中はパニックに陥ることでしょう。

このような事態にならないよう、政府はお札を発行する枚数を調節しているのです。