【生活の雑学】いろいろ使える!?キッチンペーパーの便利な使い方!?




普段よく使っているキッチンペーパー。

お皿ふきや、揚げ物の油切り、煮物をするのには落とし蓋として使える便利なアイテムです。

いつもの使い方とは違う便利な方法をご存じでしょうか?

今回は、キッチンペーバーを今よりも便利に使う方法をご紹介します。

こんな方法も!?お料理のときに使って!?便利な使い方!?

一回冷凍しちゃった肉を解凍すると、ドリップ(臭みを含んだ肉から出てしまう水分)が出ます。

下味を肉につけてしまう前に、このドリップをキッチンペーパーで拭き取ってあげましょう。

この作業を付け足すだけで、肉の臭みを格段と減らすことができます。

次にオススメしたい便利な使い方は、豆腐の水切りです。

豆腐を容器からだしたら、そのままの状態にキッチンペーパー(2枚くらい)で豆腐全体を包みます。

包んだ後の物を、耐熱容器にのせたらラップをしないで、レンジに入れて3分加熱します。

これだけで手軽に豆腐の水切りができちゃいます。

白和えや、豆腐ハンバーグを作るさいには、すごく時短なので、時間が限られているときなんかには助かります。

お料理以外でも便利だよ!?キッチンペーパーの意外な使い方!?

キッチンペーパーは窓の掃除でも使えちゃいます。

皆さん窓を掃除した後の水気は何で拭き取りますか?タオルで拭くとタオルの繊維が窓についちゃって、せっかく時間をかけて掃除したのに、なんだかガッカリした気分になります。

新聞紙で拭き取るのも一つの手段ですが、ゴミがたくさん出ちゃいます。

そんなときに使えるのがキッチンペーパーなのです。

これなら濡れてダメになったとこだけ捨てられるし、タオルみたいに窓には繊維もつかず、ばっちり水気を拭き取れます。

是非やって頂きたいものは、フェイスパック。

キッチンペーパーがフェイスパックに早変りなのです。

はじめは、いつものパックみたいに顔の大きさに合わせて適当にカットとしちゃいます。

その後は、顔のパーツのところもカットしましょう。

カット後、お持ちの化粧水をこれでもかってくらいの量染みこませて、普段使っているパックと同じみたいにして使っちゃうだけです。

使いたい化粧水を自分で選んでパックに変身ので、嬉しいですよね。

顔にもいい具合で密着して、手軽にできるのでお試ししてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

お料理では、いつも使うキッチンペーパーですが、視野を広げれば便利な使い方がたくさんあります。

お掃除の道具や美容のアイテムとしても使えるし、レパートリーは様々で使い勝手のいいアイテムです。

是非、色んな方法でアレンジして使ってみてください。