【慣れは怖いよ雑学】実は間違いだらけ!接客用語は正しく使おう!




コンビニエンスストアや、ファミリーレストランなどでの、親しみやすく、明るいイメージの接客。

最近では、気持ちの良いサービスを受けられることが普通になってきています。

店員の接客のフレーズも、いつしか耳がなれ、それが普通の言葉として耳に入り、

なんの違和感もわかなくなっています。

でも、ちょっと考えてみてください。少しおかしいと気づくフレーズがあるはずです。

いつも聞いているけど、実は間違い!今回は接客に関する言葉をあげてみましょう。

 

探せば出てくる!間違いだらけの接客語!(一気に見てみましょう!)

〇「1000円からお預かりいたします。」

「から」はおかしいですよね。正しくは、「1000円お預かりいたします。」でしょう。

 

〇「店内でお召し上がりですか?」

「召し上がる」自体が尊敬語なので、それに丁寧さを表す「をつけるのは間違いです

 

〇「50円とレシートのお返しです。」

これは、お釣りとレシートを一緒に客に渡すときのセリフです。

お釣りは、「お預かりした物をお返しします」という意味なので「お返しです」と言えますが、

レシートは「返すもの」ではありませんよね。

正しくは、「50円のお返しと、レシートでございます。」などの言い方が正しいでしょう。

ところで、「お釣り」という言葉は接客するうえでは、

「お返し」と言い換えるとよりよいとされています。

 

〇「おビールのほう、お持ちいたしました。」

まず、「〜のほう」という言い方がおかしいとお気づきでしょう。

この「おビール」ですが、時々耳にします。

ビールやジュースなど、カタカナ語には丁寧さを表す「」はつけません。

ビールをお持ちいたしました。」と言うのが正しいのです。

 

正しい日本語、適切な敬語を知って使い分け、自信を持って気持ちの良い接客をしたいものです。

それにより、誇りを持って仕事をすることで、より達成感も得られるでしょう。

正しい言葉遣いの接客によって、客に不快感を与えることもなく、接客の質の安定がはかられます。

客としても、お店やレストランの人の言葉遣い、マナーがしっかりしていると思えば、

気持ちもいいですし、全体のイメージアップに繋がり、サービスへの満足度もより高くなりますよね。