【生物の雑学】もうバカにできない!?ブタの体脂肪率はなんと!?




ブタを思い浮かべ皆さんはどのようなイメージを持っていますか?

脂肪をたっぷり蓄え、まるまると太ったいるイメージでしょうか。

豚肉として食べるときにも、その脂身が気になったりします。

そして時には、人をバカにするときに「ブタ!」なんて使われたりしますよね。

じつは、このブタの体にはあまり知られていない秘密があるんです。

今回はそんなブタについて記事にしたいと思います。

ブタの体脂肪率はなんとモデル並み!?

やわらかなお肉、ぷよぷよのおなかをもっているイメージのブタですが、食用ブタの体脂肪率は14~18%。野生のブタでは13%ほどです。

これはヒトと比べるとどれくらいの数値なのか気になります。

一般的な成人女性では体脂肪率の標準値がおおむね20~30%、20%を切るとかなり痩せているほうに入ります。

成人男性では10~20%程度が標準値です。

人間の成人女性で15%ほどの体脂肪率となると、腹筋がきれいに割れたファッションモデルさん並みの数値です。

成人男性だったとしても標準値で、平均的な体系だといえます。

その為、ふくよかな人に「ブタ!」なんていうことはできないのです。

 

ブタの発達した筋肉はすごい!?

大きな体のブタですが、見た感じより体脂肪率が低いのです。

食用としても利用されるように、ブタの体には筋肉が多いのです。

とくに背中や首回りの筋肉はよく発達しています。

野生では突進して攻撃したり、地面に鼻先で穴を掘ったりするときに役に立つ筋肉です。

走るスピードも速く時速17~30kmといわれています。

ちなみに世界レベルのマラソン選手が時速20㎞ほどです。

ブタはその筋肉質な体を十分に生かした生活をしているのです。

食用豚は生まれてから6か月ほど育てられ、体重が110~120kgほどになったころに出荷されます。

おいしいブタを育てるには、適度な運動が必須、ブタが動き回れるスペースをつくり、餌にもこだわって育てられます。

からだの多くが筋肉であることを考えれば、運動の重要性がよく理解できますよね。

ブタって不思議な動物と思いますよね。

豚肉を食べるときには、しっかりブタさんに感謝していただきましょう。