【コメコメ雑学】いつまで新米と呼ぶ?間違いやすいお米のしくみ!




秋の味覚のひとつではずせない新米がちらほら見るころになりました。

つやつやのあまい香りの1粒を楽しみにしているかと思います。

この特別な「おこめ」はいつからお店に入荷して、いつまで置かれているのでしょうか?

今回はお米に関する、おいしい雑学をご紹介します!

新米が店頭に並ぶ時期

スーパーの売り場に「新米」と目立つようなのぼりや、

ポップの宣伝でそんな季節かと気が付くこともあると思いませんか?

じつは新米の収穫は、全国的に8月初め~10月中頃から収穫期になるそうです。

暖かい地方や沖縄では、早くも7月の夏の始めからもう稲刈りが始まっているそうです。

銘柄や気候のちがいで、出荷時期はちがいますが、

暖かい南国から四国、関東、そして東北地方へとリレーのように続きます。

 

市場に顔を出し始める順番としては

沖縄:7月ごろから

九州:7~8月ごろから

関東:9月ごろから

北海道:10月ごろから。

一般的にだいたい9月~10月あたりになると、店に売り出しの為に専用の棚やチラシなどが配られます。

 

お米はいつまでが旬なの?

お米も新物と呼ばれ、手に入るのはじつは2~3かの間だけです。

決められた2つの表示義務のルールによると、

 

  • 農林水産省の法律JAS法の定義

新米とは、JAS法に基づき品質表示基準に沿って表示をするという法律があります。

定義では、稲穂を収穫した年の12月31日までに精白、包装されたものが新米とよべるそう。

つまるところ、秋に収穫し、年内・年末までに商品として加工していれば「新米」と表示できるそう。

反対に年末までにパック詰めしていなかったら、新米だけど法律で記載はできないそうです。

 

  • 食料管理法米穀年度による定義

収穫時期を基準に、定められた年度のことを米穀年度と言います。

1年間ごとに区切り「11月1日~翌年10月31までが米穀年度となります。

つまり今年とれたお米は来年の11月1日には新米から古米と変更されるのですね。

 

この定義に沿うと11月前にとれたものは新米表記もできず更には、古米になってしまいます。

ですが、早く稲刈りが始まる早場米には適用できないそうで、ほっと一安心です。

すこしづつ秋が深まり初物の新米が売り出されます。

色々なブランドを食べ比べて、特徴の違いを楽しむのも良いですね。