【雑学】「リポビタンD」のCMの裏話について




お馴染みのテレビCM。

足場のない断崖絶壁を2人の男性が登っている。

一人が手を滑らせて落ちそうになると、もう一人が手を差し出し、

「ファイト~!一発!」

の掛け声でピンチを脱出する。

崖を登り切った2人がドリンクをグイッと飲み干す。

大正製薬の栄養ドリンク「リポビタンD」のCMだ。

「リポビタンD」のCM 必ずピンチ脱出後に飲む理由とは?

いつも何気なく見ているCMですが、実は放送までには、色々な規制を乗り越える必要があるとのことです。

さて、このCM、落ち着いて考えるとちょっと不思議な気がしませんか?

サラリーマンの場合、残業や大仕事の前、眠気がある際、気合を入れるためにドリンクを飲む人が多いはず。

CMでも、崖を登る前に飲んでおけばいいのではないか……。

ところが、なぜかいつも、ドリンクを飲むのはピンチを脱出した「後」。

なぜだろう・・・・・・

実は、これは規制があるからなのです。

リポビタンDは指定医薬部外品だが、薬事法ではその広告について「誇大広告をしてはいけません」とあります(66条1項)

さらに、「医薬品等適正広告基準」(1980年厚生省薬務局長通知)という「通達」があり、「承認を受けている効能効果以外を謳ってはならない」ともあるとのことです。

リポビタンDの場合、効能は「疲労回復、滋養強壮」で、「疲労の予防」は含まれない

その為にCMで「疲れる前にあらかじめドリンクを飲む→手を滑らせずに元気に崖を登り切る」という流れにすると、「効能効果の範囲」を超えた“誇大広告”になってしまうんだそうです。

※日本OTC医薬品協会の説明による)

そういった理由から、CMでドリンクを飲むタイミングを「ピンチ脱出後」としているのだそうです。

こんな理由があったとは全く知らず、幼い頃は面白いCMだなとしか思っていませんでした。笑

皆さんはいかがでしたか?

リポビタンD新CMがファイト一発!の「絶叫」をやめた理由

「ファイト~!一発!」と聞いて思い浮かべるものといえば、大正製薬の栄養ドリンク「リポビタンD」しかないでしょう。

筋肉モリモリの男性2人が崖の上などで叫び合い、力を合わせて困難を乗り越える、あの国民的テレビCMで商品もフレーズも有名になりました。

1977年から「努力、友情、勝利」をテーマに俳優の勝野洋さん、宍戸開さん、ケイン・コスギさんらマッチョタレントが次々と出演。

橋や滝など舞台は違えども、ストーリーの大筋はどれも同じで、世間では「偉大なるマンネリCM」とも評されてきたと言われてます。

だが後述する過渡期を経て、2016年9月13日から始まった新CMでは、従来のイメージを一掃して爽やか路線へ変更をしております。

テーマも「Have a Dream」と、くたびれた中高年にはこそばゆい設定となりました。

実は2015年3月、77年から続いた「危機一髪」シリーズは終了。

同4月から運動選手の活躍シーンが前半に登場し、ケイン・コスギさんが後半に絶叫するという、何とも中途半端な内容に切り替わっていた。

「どうあるべきかずっと考えてきた」と同社社員は振り返っていたとのことです。

新CMでは、「ファイト~!一発!」の決めぜりふは残ったが、疲労回復を連想させる力強いシーンは完全になくなり、約40年かけて築いてきたイメージを覆す一大決心をしたわけだが、「何もしなければ新しい層は取り込めない」と、社内から反対の声は特になかったとのことです。

今までの中高年層とは別に、限定ボトルの展開などで若年層、女性層を取り込み始めた結果、「リポビタンDの売り上げがようやく下げ止まった」と分析しており、新CMへの切り替えの決断にも作用したとのことです。

そういえば、「ファイト~!一発!」のCMが流れなくなったなー。と思っていた人もいるのではないでしょうか。

今後どのようなCMに変わっていくのか楽しみですね!