【冗談でしょ!?雑学】“砂糖税”ってそんなのあり!?冗談ではなく今、世界で潮流に!?




皆さんは甘いものが好きでしょうか。私は大好きです!

特に女性やお子さんを中心に好きな人はいっぱいいらっしゃるはず。

ですが、そんな皆さんに今日は「それはちょっと!?」

ということをお知らせせねばならないかもしれません。

“甘い食べ物”大ピンチです!!

今回は砂糖税に関してみていきます!

 

“砂糖税”ってなに?

皆さん、砂糖税ってご存知ですか。

この砂糖税は読んでそのごとく、砂糖にかける税金。

何を訳の分からぬことと今思っているあなた!

これは冗談ではなく、今普通に世界の潮流となりつつある厳然たる事実なのです。

 

WHOが呼びかけ始めてしまった“砂糖税の”呼びかけ

実は現在、世界中で“肥満”が問題になってきているんです。

この問題に、WHO(世界保健機関)は危機感を募らせ、

「じゃあ、肥満の原因になる糖分摂取を減らすしかないな」

となりました。

「世界中の政府の皆さん。どうぞ砂糖税をかけて皆さんの肥満を治してください」

とこういう呼びかけを実際に行っているのです。

 

イギリスが“砂糖税”始めました

そんな2018年4月、なんとイギリスで砂糖税は行われることとなりました。

ああ、悲喜こもごも。

イギリスは世界でもかなりの“肥満大国”でして、

こいつはなんとかしなきゃいけない、と思っていた矢先です。

よく考えてもみてください。

肥満になればなるほど、国の医療費を圧迫してしまいます。

そして、こうやって言いがかりをつければ税金をがっぽりと取れる。

なんてナイスなシステム!(by政府)

 

この砂糖税、実はイギリスだけではないのです。

メキシコポルトガルアメリカのバークレー似たような施策は

あちらこちらの先進国の間から広がりを見せています。

日本でも2020年には、糖分の摂取基準ができてしまうのではないでしょうか。

 

むむっ!?他人事じゃない。

皆さん、砂糖は過剰摂取すると体に毒となります。

ガン高血圧高血糖糖尿病などの原因となります。

砂糖税があろうとなかろうと、しっかり節制し、

摂りすぎた場合は運動や脳を活性化してカロリーをしっかり消費しましょう。