【交通雑学】なぜ信号機は縦向きや横向きがあるのか?




皆さん、外出したら必ず道に設置されている信号機を目にしますよね。

ところで皆さん、どうして信号機が縦向きや横向き、

ボタン式や音がなるようになっているか考えたことありますか?

今回は信号機の詳細がわかる!信号機雑学を紹介します!

 

信号機の誕生はやはり交通事故が原因

信号機が発明されていなかったイギリスのロンドンでは、

多くの馬車が道を行き来していたために、事故の発生が多発していました。

この状況を打破するために誕生したのが、

1868年に発明された世界初のガス灯式の信号機です。

開発当初の色は、の二色。

しかしこのガス式信号機、ガスによる爆発事故が発生したため、

普及するまでに至ることはありませんでした。

それでも、信号機の開発は止まりません!

1918年、ついに縦型の色のついた信号機が、アメリカのニューヨークで開発されました!

色は、今と変わりません。

当初は人を必要とするボタン式の形態や、

クラクションを鳴らすことで信号が青に変わるなど様々な方法でつくられていましたが、

後に自動で色が変わるシステムに統一されます。

この信号機が日本で設置されたのは、1930年に設置された日比谷交差点になります。

それまでの交通整理は、警察官による笛や板などを用いた合図で行われていましたが、

徐々に交通量が増加してきたため、信号機が導入されました。

人の手で交通整理するのは、限界がありますよね…。

 

様ざまな信号機!

ところで、信号機には立型のものがあります。

その理由をご存知でしょうか?

この縦型信号機は、雪がたくさん積もる地域に多く設置されており、

信号機の色が隠れないようにする特徴があります。

(※現在はLED式のものや、形状が平らになっているので横型のものもあります。)

様々な信号機現在よく見かける横型の信号機は、

看板や街路樹によって見えない状態を防ぐこと、

赤色を一番右にすることで運転者に視認しやすくさせるつくりのようです。

押しボタン式の信号機は、交通量の多い道に接している学校の児童などが、

安全に渡れるまたは歩行者が横断したいときに青信号にするものとなります。

音の鳴る信号機は、視覚障碍者の方が青信号に変わったときの音を頼りに通行するためのものです。

音は数種類あり、鳥の鳴き声のような音を聞いたことはありませんか?

あれもこの信号の音なのです!

信号機の色について、基本は「赤、青、黄、白、緑」となっていたようですが、

CIE(国際照明委員会)により「青、黄、赤」の三色と決定されます。

歩行者用信号は黄色が笛の音での合図でしたが点滅式に変わります。

 

信号機について簡潔に紹介しました。

信号機を見たとき、この記事のことを思い出してもらえたら幸いです。