【生物の雑学】えっ、食べられるの!?ヒトデを食べる地域がある!?




海辺へ遊びに行くと目にする不思議な形の生き物、ヒトデを知っていますか。

表面は硬いうろこのような手触りだったり、ざらざらしている種類が多いです。

そんなヒトデを食べる地域があるってご存知でしたか?

今回はそんなヒトデに関する記事を書きたいと思います。

ヒトデを食べる地域は熊本県にある!?

ヒトデを採って食べる風習が昔から残っているのは、熊本県天草市にある栖本という地域です。

ここでは5月から6月にかけて、海でヒトデ漁を行い各家庭で食べています。

ヒトデを食べるときは丸ごとではなく、その体の中にある卵(卵巣)だけを食べています。

つまり、お寿司でおなじみのウニと同じような食べ方です。

そもそも、ウニもヒトデも同じ棘皮動物というグループに属する生き物ですので、同じように卵巣の部分を食べるのも納得です。

現地では食用にするヒトデを「イツツガゼ」と呼んでいますが、これは和名ではマヒトデという種類のヒトデです。

磯で難なく捕まえたこのヒトデを家に持ち帰り、水と塩で湯がきします。

基本的に、ヒトデは生で食べることはできないそうです。

 

結構美味しいらしい!?

気になるそのお味ですが…「濃厚なカニみそ」「濃厚なウニ」「エグミがある」などの感想があります。

美味しい個体にあたると結構いけるようで、お酒のお供にもピッタリの様子です。

熊本の焼酎などとも相性抜群とのことで珍味ともいえる一品ですが、一度試してみることが一番です。

「自分でも捕まえて食べてみよう!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒトデ捕獲の際はその種類に注意する必要がございます。

すべてのヒトデが食用になるわけではないのです。

特に、よく磯にいるイトマキヒトデなどの種類は体内に毒をもっているため、食べることはできないのです。

ちなみに中国に行くと、屋台でヒトデのフライを売っているのを見ることができます。

こちらは中身だけ、という食べ方ではなく丸かじりするものです。

味はご想像におまかせします。

一度体験してみるのもいいかもしれませんね。

他にもヒトデのような珍しい食べ物を発見した際には記事にしたいと思います。