【携帯の雑学】スマートフォン通話で話している相手の声は本物じゃない?!




毎日誰かとスマートフォンや携帯電話で、会話することが多いと思います。

実は、会話している相手の声は、本当は本人の声じゃないそうです。

いつも聞きなれている家族や知り合いの声が、本人の声じゃないって言われても、俄かには信じられませんよね。

本人じゃなければ、いったい誰の声が聞こえているのでしょう。

スマートフォンでの声は作られたもの!!

スマートフォンや携帯電話から聞こえる相手の声が本人じゃなかったら、

誰の声?と思いますよね。実は聞こえている声は、人工的に合成された音です。

もし、本当の本人の声をデジタル化して通話すると、データ量が膨大になるので、今はまだ無理だそうです。

音声を圧縮する技術もありますが、圧縮すると今度は音質が悪くなりますよね、

それでは声が聞こえにくくなりますので、圧縮せず、聞き取りやすい声にするため、合成された音に変えているそうです。

どうやって本人の声に近づけているの?

合成音と言われても、本人の声にしか聞こえませんよね。どうやって合成しているのかというと、まず

相手が話した音の一つを取り出します。

それだと誰が話しているのかわかりませんので、次に「コードブック」の中から、相手の声の特徴に似たものを選びます。

それを合成して流しているのです。「コードブック」には43億の「声の元」があるので、ほとんどどんな人の声でも作ることができるようです。

なので、相手の声が違うとは感じないのですが、本当は相手の生声とは違うものを聞いていることになります。声には波形がありますよね。

親子や兄弟・姉妹だとその波形が似ていることが多いです。

スマートフォンや携帯電話で会話すると、とくに似て聞こえたり、間違われたりしませんか。

それは合成するさいに同じ「声の元」を使われている確率が高いからです。

スマートフォンや携帯電話で相手の声が本物じゃないというのにもビックリしますが、

合成を一瞬でやることの出来る技術にもビックリですよね。

近い未来には、本物の声で話せる日が来るかもしれません。