【ロック雑学】世界的有名ロックバンド ビートルズ(The Beatles)♪




ビートルズ(The Beatles)といえば、イギリスを代表する世界的に有名なロックバンドですね。

テレビ番組やCM、ラジオなどでビートルズの曲を耳にしたことはあるはずです。

ビートルズといえば、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人ですが、ジョンとジョージはすでに死去しており、現在存命なのはポールとリンゴだけです。

そんなビートルズにも様々な雑学がありますので紹介します。

【車のスモークフィルムを発明したのはジョン】

車の中が見えなくなるようにする黒いフィルム、あれを発明したのは実はジョン・レノンなんです。

1965年、すでにスーパースターだったジョン・レノンは車に乗っているときに車の中を覗かれたりガラスを叩かれたりしたため、車の乗っているときのプライバシーを守りたいと考え、車の中が見えなくなるスモークフィルムを開発しました。

これを愛車のロールスロイスに貼って走っていたのですが、逆に目立ってしまったとか何とか・・・

ちなみに、警察にスモークフィルムで注意されたのもジョンが初めてです。

 

【女性関係もロック】

ロックスターは女関係もロックだぜ!

ジョージ・ハリスンとギタリストのエリック・クラプトンは親友でしたが、クラプトンがハリスンの妻パティ・ボイドに好意を持ち、なんとジョージからボイドを略奪。

クラプトンとボイドは結婚したが、その後離婚した。

・・これだけ聞くと、「クラプトンとボイドひどいな」と思うかもしれませんが、実はボイドがジョージの元を去ったには理由があって、ジョージがリンゴの嫁に手を出して、そこそこ揉めたという背景があったからなんです。

ちなみにリンゴとその嫁は後に離婚しています。

 

【ポール、日本の留置所でみそ汁をおかわりした】

1980年1月、ツアーのために来日したが、その際、成田空港の税関でスーツケースから大麻(マリファナ)が発見され、そのまま大麻所持の現行犯で逮捕された。

9日間留置され、その後強制送還されたが、留置所に収監されている時の食事の際に出されたみそ汁を気に入り、おかわりを頼んだということです。

ちなみに、取り調べ中も留置されている間も、取調官や看守からサインをねだられ、色紙にサインしまくったらしいです。

取り調べで取調官にマリファナ所持の事実確認をされたとき、ポールは「これ(マリファナ)を持っていることの何が悪いんだ?」と悪びれることもなかったが、弁護士に日本ではマリファナは違法だということを教えられ、青ざめたらしいです。