【IT雑学】ビットコインを支えるブロックチェーンとは!?




仮想通貨の一種であるビットコインは、インターネット上で手軽に利用できる通貨として利用者が増加中です。

ブロックチェーンといわれる技術がビットコインを支えています。その技術とビットコインを併せて紹介します!

ビットコインの中身

RPGゲームでアイテムの購入をする際、その中で獲得したお金を使います。獲得したお金はゲーム内での使用に限られますよね?ビットコインは、現実世界でも使用できると考えてください!

世界共通の仮想通貨なのでドルやユーロを円に換算する必要がなく、決済や送金などに利用できます。

株やFXで資産運用できるように、ビットコインもできますよ!

 

ブロックチェーンの重要性

ビットコインを用いての決済などは「トランザクション」といい、「ブロック」と名付けられた台帳に記録します。銀行であれば、所有する通帳にそのやりとりが記載されますが、ブロックチェーンを用いているので、一ヶ所だけでなく、あらゆるブロックに分散して記録されます。

サーバーがダウンしても別のブロックでリカバリーできる、管理はユーザー同士でするため記録の不正が発生しないなど利点があります。

記録の不正については、ブロックの中身が暗号化されており、一文字でも違えば暗号が書き換えられるのですぐにわかります。決済などの取引を行うユーザーはグループにまとめられ、やりとりを各々がチェックして承認する形になるので、記録の改竄は不可能に近いです。

情報をあらゆるブロックにまとめ、鎖で繋げた状態を模して「ブロックチェーン」と呼びます。

 

ブロックチェーンの可能性

誰しも引越しをする際、新しく住所や電話番号、インターネットの回線などを変更するため、各会社に連絡しますよね?

日本では、国も交えて各会社がブロックチェーンを用いての情報共有サイトをつくり、加入者が一回の連絡で変更手続きを完了できるシステムの実験を計画しているようです。

転勤の多い会社員は限られた時間の中、市役所で変更手続きをして、物件の下見に行くなど多忙な日が続きます。

ブロックチェーンの導入が進めば、転勤の煩わしさから解放されるかもしれませんね!

本人確認にマイナンバーカードの参照を義務付ければ、様々な会社が参加でき、ブロックチェーンの幅が拡大すると期待されています。

現状は複数個所で記録やその更新を行っているので、情報の更新にタイムラグが生じ、少し時間がかかる欠点があります。

欠点を一つずつ解消して、ブロックチェーンの利点を生かしたサービスの拡大に期待したいですね!